RSS

西洋医学と東洋医学は対をなしていますが、それぞれに様々な違いがあります。
まず、西洋医学では内科や外科、耳鼻科などの専門分野に分かれており、病気などを根本的に治すのではなく、体の治癒力の代わりに薬がその役割を担って治療が行われます。それに対し東洋医学では、体の不調や病気を治すために体のバランスを整えることを第一に考え、漢方薬によって自然治癒力を高めて治療していきます。まとめるならば、西洋医学は薬だけで治し、東洋医学は体の治癒力を促し治療するということです。


しかし、最近では西洋医学が見直され、疾病や治療よりも健康と治癒を中心としたものであるべきという考えが広まっています。
そのため、主に欧米では西洋医学と東洋医学の両方の利点を組み合わせた新しい治療方法の研究が進んでいます。西洋医学と東洋医学は、歴史、思想、疾病観など様々な点で異なっていますが、どちらも病気を治し、人間の体を本来あるべき健康な状態に導くという根本は同じです。これからの医学の発展によってはその二つが融合することもありえないことではありません。
西洋医学の素晴らしいところは、大体同じような効果を得ることができるという点にあります。
つまり、同じような対応をすれば、同じような結果が現れる、と言うことです。
西洋医学の最大のメリットはこれなのです。
東洋医学もかなり素晴らしいのですが、鍼灸というのは、かなり人を選びます。効果はあるのですが、人によってかなりの差が出てくるのです。
そのあたりのことをよくよく理解して東洋医学で治療することが重要であるといえます。



西洋医学ですとそうした心配がないのです。
もちろん、人間がやることですから、少しは差ができます。しかし、西洋医学の薬というのはかなり安定した効果がありますので安心して飲むことができます。
治療において大事なのは安定性なのです。
西洋医学はその点において東洋医学より優れているといえます。現在、世界の主流は西洋医学です。東洋医学は肩凝りや炎症などに多少効果があることが認められているだけですから、覚えておくことです。

Copyright © 2016 西洋医学のメリット